頬ニキビができる原因 10代に必須のスキンケアとは?

頬ニキビができるのは思春期特有?10代のお肌にありがち

2017年11月13日 13時47分

頬ニキビができるのは思春期特有なの?
おでこや鼻の頭は皮脂がいっぱい出るから…。
何となく理由はあると思うのですが、
頬のニキビも同じような理由なんでしょうか?

思春期はホルモンが暴走している状態で、
さらに精神的にも不安定で成熟していません。
=不安定だということです。

だからたまに頬ニキビができるのは、
仕方がないことだと言えるでしょう。
ただ繰り返しできるのは理由があります。


いやですよね…。
もう朝からガックリきてしまいます。
ニキビのことばかり気になって何も手につかないとか、
誰かに指摘されるのがいやでマスクで隠したり…。

そんな思春期の頬ニキビって何故できるのか?
このページでは少し詳しく掘り下げてみましょう。


■頬ニキビは何故できる?
ニキビはできる場所を問わず、
生まれつきできやすい人とそうでない人がいます。
「遺伝」ですね。

男性ホルモンが優位な人です。
男性ホルモンが多い人は皮脂分泌が多いので、
ニキビができやすいと言えます。

まず毛穴が詰まり、皮脂が排出できずにたまります。
そこに皮脂が大好きなアクネ菌が感染し、
その影響で炎症が起こって赤く腫れあがります。

普通思春期と言えばTゾーンや鼻に皮脂が多いので、
ニキビができるならその部位でしょう。

そこで脂性肌用の洗顔料や化粧水を使うと、
かなりサッパリとしますが、
皮脂の少ない頬は乾燥することもあります。

この乾燥が肌を固くして毛穴をふさいだり、
防衛本能として皮脂を過剰分泌させて、
頬ニキビができる原因となります。


■ホルモンバランスの乱れ
女性は生理周期がありますが、
生理前になるとニキビができやすくなります。

これは女性ホルモンが大きくかかわっていて、
生理前に多く出るプロゲステロンが皮脂を増やします。

このように頬にできるニキビには、
様々な原因がいくつか複合することもあります。

ホルモンはバランスが大事で、
どちらかが乱れているだけでもよくありません。

ホルモンバランスを整えるには、
ストレスの軽減、食生活の見直し、睡眠など、
体と心を整えることが必要です。

これは一例ですが、今はSNSなどで
他人から攻撃されることがありますよね。

仲間はずれにされたり、
覚えのないことでいじめられたりすることもあるでしょう。

こういった悩みが心に影響し、
体にも症状として出ることが珍しくありません。

一人で対応できないことは、
親か友達に相談するなどして、
抱え込まないようにしましょうね。

心も体も健康でいることが、
ニキビ対策には一番の薬です。